絵本で子育て NPO法人「絵本で子育て」センターの「絵本講師」の方たちが集めたWEB閲覧者の疑問や口コミをRankingとしてまとめてみました。

【事務局だより】
 お変わりございませんでしょうか。 梅の花にメジロが春のご挨拶に来ています。 二羽三羽と梅の木は賑やかです。微かに揺れる梅の花もメジロに逢えて嬉しそう。 枝の向こうに澄みきった青空が広がります。舞う光は春の暖かさ。春を見つけに出かけましょうか。

さて絵本講師とはなにか、また講師になるにはどうすればよいのか。

Instagram


ランク1位

わたしでも絵本講師になれるの?

なれますとも!
子どもや絵本が大好きなら。

学生さんから主婦、またさまざまなお仕事を持たれている方が、お子様とのコミュニケーションアップ、自身の向上やチャレンジだけではなく地域での貢献活動を目指して真剣に取り組まれています。

東京都内または芦屋市内で実施される養成講座を1年間6回受講し、その都度の課題レポートを5回提出すれば修了できます。第12期までの講座修了生は全国で約1400人になりました。 巣立った修了生は、お住まいの地域を中心に絵本講座活動を行って活躍しています。→絵本講師養成講座各期リポート(PC版)

新年平成28年度(14期)の養成講座の募集をはじめています。(優先枠)

絵本講師・養成講座第14期優先枠受講生募集中 pdf2.3MB

第13期絵本講師の養成講座風景絵本講座風景(児童センターにて)

ランク2位

絵本講座を見学したいんだけど?

 ご連絡いただきましたらお気軽に見学できるよう近くで開かれる絵本講座を御紹介いたします。4~5名の小規模な講座から300名を超える講演まで、会場・対象者に合わせた内容で幅広い要望に応えて開催しています。
また絵本講座の最新情報は「2017年度絵本講座の紹介」(PC版)でご覧ください。

これらの活動は新聞・雑誌など多くのメディアが取り上げ、社会的な関心が高まってきました。地域の子育て支援、子どもの健全育成として、今後ますます活動の場が広がっていくことが予想されます。

絵本講座風景(保健福祉センターにて)講座風景(図書館にて)絵本講座風景(ホテルにて)絵本講座風景(幼稚園にて)

 

今すぐ参加できる絵本講座


※詳細一覧は今すぐ参加できる絵本講座参照

下記講座の概要は「主催ちらし」をご覧ください

2016年10月24日~2017年2月27日
 (毎月第4月曜日・全5回)
  兵庫県神戸市

 (主催ちらし jpg:須磨区民センター)

2016年10月1日~2017年2月4日
 (毎月第1土曜日・全5回)
  兵庫県神戸市

 (主催ちらし jpg:北区民センター)

10月7日第1回 開講(一日体験OK)
  連続講座(毎月第1・3金曜日)
  堺高島屋地下1F(南海線堺東駅 前)
  絵本講師 東條真由美(芦屋第9期)  

 (主催URL:今すぐ参加できる絵本講座)

2017年3月26日(日)
  おだわら市民交流センター UMECO
  上甲知子(東京8期)

 (主催ちらし jpg:絵本でほっこりの会

2017年3月4日(土)14:00~15:30
  西宮市立鳴尾図書館2F児童コーナー
  久賀 弥生(芦屋6期)

 (主催URL:今すぐ参加できる絵本講座)

2017年3月13日(月)13:30~14:30
  神戸市勤労会館404号室
  久賀 弥生(芦屋6期)

 (主催ちらし:今すぐ参加できる絵本講座)

 

2017年3月11日(土)
  つくば市竹園2丁目4-10-105 えほんや なずな
  東京12期 大川裕紀子

 (主催ちらし:今すぐ参加できる絵本講座)

 

 

ランク3位

絵本講師は近所にいるの?

養成講座はすでに13期を数える実績の積み重ねがあります。おかげさまでこの修了生が全国に1400名を越えるようになりました。

「あなたの近くの絵本講師」として現在活動中の絵本講師を掲載させていただいておりますので、ご確認ください。ここに掲載されていなくても絵本講座で活躍中です。地域の子育て支援、子どもの健全育成として、今後ますます活動の場が広がっていくことが予想されます。講師の方々は本来の動機である「社会的還元」をし、自己実現をするための方法をさらに追求さ れるであろうと予想しております。

あなたの近くの絵本講師絵本講師紹介絵本講座(書店にて)

ランク4位

講師の人は一体どういう人たち?

絵本だけの世界だけではなく、評論や著作、また経営や医療、哲学分野でもご活躍の先生方をおよびして各期の養成講座などで講演していただいております。

※カリキュラム例(第13期)はコチラ

 養成講座でたくさんの講師の先生からお話をお聴きするたびに、私にとっての「絵本」の存在がより深く なっていくのを感じました。どの講師の話も興味深いものでしたが、なかでも森ゆり子理事長の講演について感じたことを書きます。理事長の講義は、とてもや さしい語り口調で、穏やかな雰囲気の中にも、現在、子どもの置かれている状況への、鋭い洞察力と実証データの提示による科学的なものの見方には、尊敬の念 を隠せませんでした。「絵本講座」というと、ついつい楽しい絵本の紹介だけに時間を費やしそうですが、その絵本が読み手にどのような効果をもたらすのか、 聴講者が納得するデータを揃えることも大切です。 (平成27年度 第12期修了生)

 

講演する小澤俊夫氏講演するむのたけじ氏講演する飫肥糺氏講演する梅田俊作氏講演する片岡直樹氏講演するとよたかずひこ氏記念講演する松居直氏挨拶する森理事長講演する藤井顧問

ランク5位

わたしはこうして講師になった

まず絵本講師になると決意することから。

本年修了生の感想文(抜粋)です。

 

 小さなころから絵本が大好きで、こどもたちにどういうふうに読んであげればよいのかと悩んでいました。また子供が巣立っても地域のお子さまや保育園、公民館などでの絵本講座を開けたらなと思っていました。 そのような機会があればなと考えていたところ、ネットで「絵本で子育て」センターで講師の養成をされていることを知り、すぐに受講生募集を知って応募し、無事養成講座を修了しました。今は地域のご家庭や公民館、児童館、保育園また文化センターなどで絵本講座を開設しております。(平成27年度 第12期修了生)

 講座では、まさに私が求めていた「絵本で子育て」をテーマにした講義が目白押しでした。毎回大きな学びと気づ きを得ることができました。グループワークでは、絵本にまつわる色々なお話しなど貴重な情報交換の場となり、毎回楽しい時間でした。また、課題リポートの 作成は、家族が寝静まった深夜か早朝。無事完成しポストに投函できた時の達成感や安堵感。何とも言えない清々しい気持ちでした。書くことで自分の考えを整 理し、方向性の再確認ができ、意味のある大事な作業でした。この一年間を振り返ると、「絵本は良いものだ」と何となくボンヤリだったものが、確信に変わり ました。絵本はことばを育て、そして「心」を育てます。(平成27年度 第12期修了生)
 
 実は「絵本講師・養成講座」のことは、10年ほど前から知っていて、気にはなっていました。でも絵本 講師というものが、どういうものなのか具体的にわからなかったので、今まで受講を考えませんでした。けれども実際に絵本講座を聴いて、私もぜひやってみた い! と思ったのです。私は人前で話すことがとても苦手です。でも私自身子どもに絵本を読むことで、幸せな体験をいくつもしました。それは絵本を読まなければ味 わえなかった幸せです。そんなことを子育て中のお母さん達に話してみたいと思うようになったのです。 (平成27年度 第12期修了生)

 私の子どもが通う幼稚園で絵本講座を企画し開催しました。この時の絵本講師の先生は、他県から遠路はるばる 来て下さり、絵本のことは勿論ですが、いっぱいいっぱい、愛を語ってくださいました。その先生のお話を聴き、涙を流される保護者の方もいるほどの心温まる 素敵な講座で、私は企画して本当に良かったと思いました。それと同時に、絵本講師とは、どんな勉強をされているのだろうと興味を持ちました。講座を受けたいと、家族に費用や時間のことなどを相談しました。夫は私の気持ちを理解してくれて、子ども達も一緒に応援してくれました。とても感謝しています。(平成27年度 第12期修了生)

 (『絵本講師・養成講座』を受講して

 絵本講座(文化センターにて)絵本講座(クリニックにて)絵本講座(倶楽部にて)絵本講座(KCCにて)

ランク6位

どんな絵本がいいの?

絵本を読んであげましょうおとな・えほん・こども絵本講師の本棚から続絵本講師の本棚から続々絵本講師の本棚から子どもに絵本を届ける大人の心構え絵本とジャーナリズム

すぐれた絵本がたくさん出版されてますので、とくにおすすめしている絵本は決めておりません。(当センターで出版している書籍もございます。)

絵本については 土居安子氏の「おすすめ絵本」や 飫肥糺(おび・ただす)氏コラム「”たましい”をゆさぶる子どもの本の世界」のコラムもご覧ください。

  「花ざかりといわれる絵本を前にして、途方に暮れている私たちですが、その中から何を択ぶか、となると、やっぱり人まかせにしないで、自分が責任をもつべきでしょう。」
故 中川 正文先生(大阪国際児童文学館館長兼理事長・作家)

 

故中川正文先生から

 

 

 

 

 

ところで

絵本講師って?

NPO法人「絵本で子育て」センター主催の「絵本講師・養成講座」を受講・修了し、あらためて講師登録された方たちを「絵本講師」とよんでいます(民間資格です)。絵本講師は地域コミュニティの場で子どもからお年寄りを対象に「絵本講座」(出前講座ともいいます)を開き絵本の読み聞かせ活動を行っています。

「絵本講師・養成講座」は、単に一般的なカルチャースクールのように、ある学問や技術を習得し、それで終わるというもので はありません。そもそも、この絵本講座で学ぼうとする最も深い動機は、受講者自身が生活しておられる地域や、身の回りの小さなコミュニティへの「自ら得た 知識・技能の還元」にあります。

講座修了後も「絵本講師の会」(はばたきの会)に入会し、更に学習を継続します。会では交流会の開催、会報『はばたきの会』の発行、絵本、書籍の出版企画など、さまざまな活動を行っています。

絵本講師(保育園にて)絵本講座(公民館にて)絵本講座(小学校にて)2015年度伊座利ツアー

そうだんしてみる?

私たちスタッフ陣が、みなさまからの相談やフォローアップにと親身に対応させていただきます。

顧問 藤井勇市  スマホ用ブックマーク

お問い合わせ先

0797-38-7516 電話をかける

 

当センターにもお気軽にお越しください。

アクセスマップ

(お知らせ)

子育て・絵本情報満載子育て情報紙『絵本フォーラム』(試読トップページ WEB版 pdf 1.3MB)

を隔月発行しています。
子育ての現場に携わる方々のエッセイやコラム、お母さん方の絵本体験記などを掲載。

絵本の紹介、絵本の読み聞かせを行っている幼稚園や保育園をリポート、児童文学家の寄稿、一般読者の体験記などで構成しています。

事務局へ(左アイコンは絵本講師→事務局通信